BiNDweb

サーフィン上達最短コース



技術理論研究所

サーフィン事業部

| HOME | サーフィンの本質 |

更新日 2010-06-10 | 作成日 2008-06-04

サーフィンの本質



サーフィンは板の上に2本の足で立つスポーツです。両足がボードについている以上、どちらかの足に100%体重が掛ると言う事はありえません。それぞれの足に体重が配分されています。


それぞれの足には役目があります。前足は加速、後足は減速です。アップスで波を加速していく時は前足に荷重し、ターンをするために後足に荷重します。


サーフィンにはスピードが必要不可欠です。さらに、初心者・初級者は、後傾になることが多く、そのため、前足に乗ることを重要だとする考えが主流となっています。その通りだと思います。技を決めるにしても、スープを抜けるため加速するのにも前足荷重は必須です。何も間違っていないとおもいます。


ただ、ここで問題なのは、前足に乗るのと同じくらい重要な後足への荷重について述べられている、ものが非常に少ない事です。ターンするためには後ろに乗ることは絶対必要なのです。でも、あまり触れられていない。


その結果前足に乗り過ぎて、後足に乗る事を忘れ、上達が止まってしまった、前足加重過剰症候群の方々が、海にたくさんおられるようになったのではないか。というのが私の考えです。



後足にのる重要性を今一度見直し、「サーフィンは後ろ足だ」をスローガンに、あらたな理論を展開していこうとこのサイトを立ち上げました。




もう一度後ろに乗ることから始め、それによってより前足にも乗って行こうという理論をサーフィンをプロデュースというサイトで公開しております。まず、そちらをお読みになり、後ろ足に乗ることの意味を今一度お考えください。


と随分、生意気な事を書いておりますが、このサイトはあくまでも中級者の方(アップスは出来るが、そこからなかなか上達しないレベル)を対象とさせて頂いております。



上級者の方が見られて、何様だと思われることもあるでしょうが、ご了承お願いします。あくまでも中級者向けのサイトであるとご理解の程、よろしくお願いいたします。

田地 悠平














サーフィンの本質



サーフィンは板の上に2本の足で立つスポーツです。両足がボードについている以上、どちらかの足に100%体重が掛ると言う事はありえません。それぞれの足に体重が配分されています。


それぞれの足には役目があります。前足は加速、後足は減速です。アップスで波を加速していく時は前足に荷重し、ターンをするために後足に荷重します。


サーフィンにはスピードが必要不可欠です。さらに、初心者・初級者は、後傾になることが多く、そのため、前足に乗ることを重要だとする考えが主流となっています。その通りだと思います。技を決めるにしても、スープを抜けるため加速するのにも前足荷重は必須です。何も間違っていないとおもいます。


ただ、ここで問題なのは、前足に乗るのと同じくらい重要な後足への荷重について述べられている、ものが非常に少ない事です。ターンするためには後ろに乗ることは絶対必要なのです。でも、あまり触れられていない。


その結果前足に乗り過ぎて、後足に乗る事を忘れ、上達が止まってしまった、前足加重過剰症候群の方々が、海にたくさんおられるようになったのではないか。というのが私の考えです。



後足にのる重要性を今一度見直し、「サーフィンは後ろ足だ」をスローガンに、あらたな理論を展開していこうとこのサイトを立ち上げました。




もう一度後ろに乗ることから始め、それによってより前足にも乗って行こうという理論をサーフィンをプロデュースというサイトで公開しております。まず、そちらをお読みになり、後ろ足に乗ることの意味を今一度お考えください。


と随分、生意気な事を書いておりますが、このサイトはあくまでも中級者の方(アップスは出来るが、そこからなかなか上達しないレベル)を対象とさせて頂いております。



上級者の方が見られて、何様だと思われることもあるでしょうが、ご了承お願いします。あくまでも中級者向けのサイトであるとご理解の程、よろしくお願いいたします。

田地 悠平